メロディと歌声が響く、J-POP/J-ROCKを求めて

ポップ/キャッチー/メロディアスなメロディの楽曲と、
心に響く歌声を持つ、J-POP/J-ROCKのアーティストを紹介するブログ

<スピッツ(男性J-POP) NEWアルバムレビュー 〜 醒めない>

 

男性J-POPのスピッツは、男性4人のグループで、草野マサムネの他にはないハイトーンのボーカルが魅力的です。

 

以下は2016年7月リリースのNEWアルバム「醒めない」です。 収録されている楽曲はスピッツの王道といえるメロディアスな曲が満載のアルバムです。




 

 

アルバムのうち「醒めない」は、アップテンポでややマイナーな曲調の曲であり、イントロやリフのエレキギターの演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声に感情がこもっており、心に響きます。

 

 

 

 

「みなと」は、ミディアムテンポでややマイナーな曲調の曲であり、Aメロからサビのメロディと歌声がメロディアスかつ哀愁があり、心にぐっときます。

 

 

 

 

「子グマ! 子グマ!」は、アップテンポでマイナーな曲調のロック曲であり、キャッチーなイントロや、ハードな間奏の、エレキギターの演奏にインパクトがあり、Aメロからサビのメロディと歌声がリズムカルで、気分が乗っていきますね。

 

 


 

「コメット」は、ややアップテンポでマイナーな曲調の曲であり、アルバムの中で最高曲であり、イントロの導入から、Aメロからサビのメロディの流れが印象的で、特にサビのメロディと歌声が実にメロディアスで感情がこもっており、心にぐっと染みてきます。

 

 

「グリーン」は、アップテンポでメジャーな曲調のロック曲であり、ハードなエレキギターの演奏にインパクトがあり、Aメロからサビのメロディと歌声が実にポップで、気分が乗っていきますね。

 

 

 

 

「SJ」は、ミディアムテンポでややマイナーな曲調の曲であり、Aメロからサビのメロディと歌声がメロディアスかつ哀愁があり、心に響きます。

 

 

 

 

「ハチの針」は、アップテンポでメジャーな曲調のロック曲であり、イントロとリフのギター演奏がハードで、Aメロからサビのメロディと歌声がキャッチーであり、気分が盛り上がります。

 

 

 

 

「モニャモニャ」は、ミディアムテンポでメジャーな曲調の曲であり、アコステックギターとスチールギターの演奏が印象的で、Aメロからサビのメロディと歌声が実に優しく、心に染みてきます。

 

 

 

 

「ヒビスクス」は、ミディアムテンポでマイナーな曲調の曲であり、エレキギターとピアノの演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声がメロディアスかつ感情がこもっており、心にぐっときますね。

 

 


 

「ブチ」はアップテンポでメジャーな曲調の曲であり、イントロとリフのギター演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声がキャッチーであり、気分が盛り上がります。

 

 

「雪風」は、ミディアムテンポでマイナーな曲調の曲であり、エレキギターとアコステックギターの演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声が実に感傷的であり、心に染みてきます。

 

 

 

 

「こんにちは」はアップテンポでメジャーな曲調のロック曲であり、イントロとリフのエレキギター演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声がポップであり、気分が盛り上がります。

 


 

 

 

 

 

スピッツのアルバム「小さな生き物」のブログの記事はこちら

 

 

 

 

スピッツのアルバム「ハチミツ」のブログの記事はこちら

 

 

 

 

 

 




JUGEMテーマ:お気に入り

<Mr.Children(男性J-POP)NEWアルバムレビュー 〜 REFLECTION{Drip} ダウンロード曲編>

以下は2015年6月にリリースされた18枚目のNEWアルバム「REFLECTION{Drip} 」で、今回はダウンロー曲をレビューします。
ダウンロード曲はCD収録曲と比べると、落ち着いた雰囲気が漂っている曲が主体となっています。。  
 今まで積み重ねた集大成と幅広い世代に向けての音楽がCD収録で網羅されているとしたら、ダウンロード曲の方では現在の自分世代の音楽を聴きなおして作られた曲に感じられますが。。




 

「I Can Make It」はミディアムテンポでマイナーな曲調の曲であり、儚い雰囲気のエレキギターの演奏や、Aメロからサビの歌声とメロディがキャッチーかつ感情がこもっており、心に響きます。
自分がだしたアイデアは自信がなく日の目を見ないことが多いいが、いつかはできると信じていることを歌った曲です。

 

「ROLLIN' ROLLING 〜一見は百聞に如かず」はアップテンポでマイナーな曲調の曲であり、エレキギターのエレキギターの演奏がハードで、Aメロの歌声とメロディに心の叫びが感じられますね。
人生に不条理があったり、試練が与えられるもので、自分達の目で確かめてほしい気持ちを伝えた曲です。

 

「放たれる」はややスローテンポでマイナーな曲調の曲であり、ピアノとストリングの演奏や、Aメロからサビの歌声とメロディがメロディアスかつ儚く感じられ、心にぐっときます。
もう一度、温もりや優しさに触れなくても、消えない愛があれば、自分の心を強くもてることが表れた曲です。。。

 

「街の風景」はミディアムテンポでメジャーな曲調の曲であり、アコステックギターの演奏や、Aメロからサビの歌声とメロディがメロディアスかつ爽やかであり、清々しく感じられます。
好きな人をおおらかな愛や優しいまなざしで思っている気持ちが表れている曲です。

 

「運命」はアップテンポでメジャーな曲調の曲であり、キーボードとエレキギターの演奏や、Aメロからサビに盛りあがる歌声とメロディが実にポップで、気分が乗っていきますね。
好きと思う人と、行き方は別でも同じ道に進んでいることが、お互いの運命であると歌った曲です。

 

「You make me happy」は、ミディアムテンポでメジャーな曲調の曲であり、エレキギターとホーンセクションの演奏や、Aメロからサビの歌声とメロディがメロディアスかつ優しく、心に響きます。間奏の口笛は哀愁が感じれれますね。
きみといることが好きでたまらなく、幸せであることが感じれれる曲です。

 

「Jewelry」はややスローテンポでマイナーな曲調の曲であり、ピアノとホーンセクションの演奏や、Aメロからサビの歌声とメロディがメロディアスかつジャジーに感じられますね。
沈む気持ちのときは泥水に使ったような感じになるが、好きな人への気持ちはイノセントのままに、誇らしく輝いていたい気持ちが表れた曲です。。

 

「遠くへと」は、ミディアムテンポでメジャーな曲調の曲であり、キーボードとアコステックギターの演奏や、Aメロの歌声とメロディがメロディアスかつ感情がこもっており、心にぐっときます。
車で自分のことを知らない遠い街に行って、自分をやり直したい気持ちが表れている曲です。。。

 

「I wanna be there」は、ミディアテンポでメジャーな曲調の曲であり、ピアノとアコステックとエレキギターの演奏や、Aメロの歌声とメロディがしっとりかつ優しく、心が癒されますね。
新しい場所での出会いにより、素敵な人との巡り合いを願っていることが表れている曲です。。。


 
 

Mr.Childrenのアルバム「REFLECTION{Drip}」のCD収録曲のブログの記事はこちら


 



JUGEMテーマ:お気に入り

<Mr.Children(男性J-POP)NEWアルバムレビュー 〜 REFLECTION{Drip} CD曲編>

Mr.Childrenは、1992年5月アルバム「EVERYTHING」でデビューした、"桜井和寿"、"田原健一"、"中川敬輔"、"鈴木英哉"の4人組のバンドです。
「innocent world」、「Tomorrow never knows」、「youthful days」、「HANABI」などの数々の名曲をリリースし、ヒットしました。。
心に残る楽曲のメロディと、桜井氏感情がこもった歌声や、安定感と同時にインパクトのある4人の演奏がが魅力的ですね。。

 

以下は2015年6月にリリースされた18枚目のNEWアルバム「REFLECTION{Drip} 」で、今回はCD収録曲をレビューします。(ダウンロード曲は別途レビューします)
今回のアルバムは、Mr.Childrenが過去リリースしたあらゆる楽曲のタイプを網羅した、新曲が満載の、アルバムとなっています。
このようなふり幅の広い楽曲を生み出せることが、Mr.Childrenの大きな魅力ですね。。。





 

アルバム「REFLECTION{」のうち、「未完」はややアップテンポでメジャーな曲調の曲であり、エレキギターの演奏がテンポよく、ストリングスの演奏や、Aメロからサビの歌声とメロディがキャッチーかつ清々しく感じられ、気分が乗っていきます。
自分に備わっているものが未完成のものであれば、取り外し捨てて、前に進んでいくことを歌った曲です。

 

「FIGHT CLUB」はアップテンポでメジャーな曲調の曲であり、エレキギターのイントロや、Aメロの歌声とメロディがポップかつ爽快な感じですが、サビ以降ではキャッチーで感情がこもっており、気分が盛り上がりますね。
孤独は仮想の敵として、怖い相手は真の敵として、それら相手と戦っている気持ちが表れた曲です。

 

「斜陽」はミディアムテンポでマイナーな曲調の曲であり、ピアノとストリングの演奏や、Aメロからサビの歌声とメロディがメロディアスかつ壮大な感じで、心にぐっときます。
心の中の青い空は、雲の淀みももなく澄み切っているため、そこから現れる陽や人声の暖かさが感じられる曲です。。。

 

「Melody」はミディアムテンポでメジャーな曲調の曲であり、ピアノ・ギター・ホーン・ストリングの演奏や、Aメロからサビの歌声とメロディがメロディアスかつ爽やかに感じられ、心が癒されます。
クリスマスの街にて、映画のようにいかない恋の予感に似たメロディーや、涙を微笑みに、また、悲しみを喜びに替えるメロディーを、探し続けていることを歌った曲です。

 

「蜘蛛の糸」はスローテンポでマイナーな曲調の曲であり、イントロや伴奏のピアノの音色や、Aメロからサビに盛りあがる歌声とメロディが実にメロディアスで、心にぐっときます。
蜘蛛の糸を好きな人との気持ちを繋ぐものと例えており、その人との恋が終わりとなっても、たぐり寄せて確かめたい気持ちが表れた曲です。

 

「Starting Over」は、アニメ映画"バケモノの子"の主題歌で、ミディアムテンポでメジャーな曲調の曲であり、エレキギターとストリングスの演奏や、Aメロからサビに盛りあがる歌声とメロディがメロディアスかつ感情がこもっており、心に響きます。
何かが終わって、また何かが始まるという、この世の起死回生についてを歌った曲です。

 

「忘れ得ぬ人」はスローテンポでマイナーな曲調の曲であり、1番ではピアノとストリング演奏のみの歌唱ででしっとりとしており、2番からはエレキギター・ベース・ドラムが加わり、メロディアスかつ壮大に感じられ、心に響きますね。
いつ何をしている時でも、頭の片隅に、恋人とは他の忘れられない人が、微笑んだりする姿が心に残っていることを歌った曲です。。

 

「fantasy」は、"BMWアクティブツアラー"のCMソングで、アップテンポでマイナーな曲調の曲であり、エレキギターのイントロや、Aメロの歌声とメロディがポップかつ爽快な感じですが、サビ以降ではキャッチーで心がこもっており、気分が盛り上がりますね。
自分の願いや自身などを共にして、日常の中のファンタジーに向かって旅立つ姿が表れている曲ですね。。。


 

「REM」はアップテンポでマイナーな曲調の曲であり、エレキギターの演奏や、Aメロの歌声とメロディが実にハードかつシャウトしており、感情が高ぶります。
自分の願いや自身などを共にして、日常の中のファンタジーに向かって旅立つ姿が表れている曲ですね。。。


 

「進化論」は、日本テレビ系"NEWS ZERO"テーマ曲で、スローテンポでややマイナーな曲調の曲であり、アコステックギター、エレキギター、ピアノ演奏や、Aメロからサビの歌声とメロディアスかつ優しく感情がこもっており、心にぐっときます。
生存競争ために動物が進化している様に、自分達の強い望みが形になり次世代に引き継ぐことが、生きる使命と思われることを歌った曲です。。

 

「幻聴」はアップテンポでメジャーな曲調の曲であり、イントロのピアノとキーボードの演奏で徐々に盛りあがっていく感じが素晴らしく、Aメロからサビの歌声とメロディがキャッチーかつ感情的に感じられ、気分が盛り上がりますね。
そんな派手ではない場所において、優しく暖かい微笑みを持つ人から、自分を呼ぶ声が幻のように聞こえてくることを歌った曲です。

 

「足音 〜Be Strong」は、フジテレビ系ドラマ"信長協奏曲"の主題歌で、映画版"信長協奏曲"でも主題歌となりました。スローテンポでメジャーな曲調の曲であり、Aメロ〜Bメロ〜サビに移る時の盛り上がりがミスチルの王道と言えて、心に響きますね。
新しい靴を履いたら、道が今までと違った感触になり、一歩一歩と足音を踏み鳴して、新しい世界に歩んでいく姿が表れている曲です。




 

Mr.Childrenの曲が好きな方はこちらもお勧めです
→USAGI(男性J-POP)の1stアルバム「愛賛歌」のブログの記事はこちら


 



JUGEMテーマ:お気に入り

<USAGI (男性J-POP) NEW 1stアルバムレビュー 〜 愛賛歌>

男性J-POPのUSAGIは、男性シンガーソングライターの"上田和寛"と、男性ギタリスト兼メロディメーカーの"杉山勝彦"の2人組で、今までにシングル4枚をリリースしています。

感情をこみ上げて歌い上げる上田氏の歌声と、杉山氏を中心とした心に残るメロディの、楽曲をリリースしています。

以下は5月に発売された1stアルバムレビュー「愛賛歌」で、10曲の楽曲が収録されています。
CD裏ジャケットのUSAGIのロゴが月にいる"うさぎ"っぽくて、いいねすね。また、「イマジン」の歌詞の下にいる"うさぎ"が今にも三点倒立しそうにみえます(笑)。


 

「好きをこえたヒト」はミディアムテンポでマイナーな曲調の曲で、シングルリリースされている曲です。
ピアノの演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声は、感傷的で物悲しく、心に染み入ります。
自分が好意をもった人が他の人が好きでも、その人を好き以上に思う儚さが表れた曲です。




 

「最終バス」はミディアムテンポでややマイナーな曲調の曲です。
ピアノ、ストリングの演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声が、実にメロディアスで儚く感じられ、心にぐっときます。
最終バスに乗ろうとしている恋人との別れは、悲しいというよりも、出会えたことに感謝するという、少しでも前向きな気持ちを持とうとしている姿が、やや儚く感じる曲です。。

 

「ここから」はスローテンポでマイナーな曲調の曲です。
ピアノとストリングオーケストラの演奏や、メロディと歌声は、1コーラスではメロディアスかつしっとりとして、2コーラスからリズムが入って感情的に盛り上がり、心にぐっときます。
生きていく意味や本当の幸せは、物を手にすることではなく、自分、人、世界のものを好きになることを歌った曲です。


 

「Hello」はアップテンポでマイナーな曲調の曲です。
エレキギターとキーボードとストリングオーケストラの演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声が、メロディアスかつ情熱的で心にぐっときます。
恐れを知らなかった過去の自分に戻りたいという気持ちが伝わってくる曲です。


 

「当たり前じゃないってこと」はややスローテンポでメジャーな曲調の曲です。
アコステック及びエレキギターを演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声が、メロディアスかつ優しく感じられ、心が癒されますね。
笑ったり、涙したり、人を愛したりすることは、当たり前なことではなく、1つ1つ意味のある幸せなことであることを歌った曲です。

 

「愛賛歌」はややミディアムテンポでメジャーな曲調の曲です。
ピアノとストリングオーケストラの演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声が、メロディアスかつ壮大に感じられ、心に響きます。
"愛してる"や"ありがとう"の言葉を掛け合い、支え合っている恋人同士の姿が表れている曲です。

 

「産声」はアップテンポでマイナーな曲調の曲です。
エレキギターの演奏がややハードであり、Aメロからサビのメロディと歌声が、キャッチーかつグループが感じられ、気分が乗っていきます。
周りに認められるため生まれてきたわけではないので、周りに構わず好きな人と愛し合うことを貫きたいとう気持ちが表れていますね。。

 

「USAGI〜不昧なストーリー〜」はアップテンポでマイナーな曲調の曲です。
ピアノとエレキギターの演奏にインパクトがあり、Aメロからサビのメロディと歌声が、実にキャッチーで気分が盛り上がってきます。
月の上にいる"USAGI"(うさぎ)の様に、どこからでも恋人を見守っていきたいとう気持ちが表れていますね。。


 

「イマジン」はミディアムテンポでマイナーな曲調の曲です。
メロディと歌声は、Aメロではしっとりとして優しく、Bメロから徐々に盛り上がって、サビではメロディアスかつ感情的で心にぐっときます。エレキギター、ピアノ、ストリングオーケストラの演奏も素晴らしく、歌声を盛り上げていますね。
子供たちに託す未来や夢を、言葉ではなく、映像や想像の世界で伝ようとしている曲です。


 

「スタッフロール」はミディアムテンポでマイナーな曲調の曲です。
ピアノ、ストリングオーケストラ、エレキギターの演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声が、メロディアスかつ壮大なスケールで、実に感情がこもっており、心に響きます。
自分の人生を映画に例えており、それにかかわった人々の名前をスクリーンに映し出すことで、皆に感謝の気持ちを伝えることを歌った、エンディングにふさわしい名曲です。

この曲を聴いて、シングル収録曲で良い曲にも関わらす、アルバムに収録されていない曲が多くあることがわかった気がします。アルバムには"物語の様な流れ"と"壮大なスケール感"を、取り入れたかったことと、自分なりに勝手に解釈しています(笑)。



 
 

USAGIのシングル「イマジン」の収録曲レビューのブログの記事はこちら

 

USAGIのシングル「ここから」の収録曲レビューのブログの記事はこちら


 



JUGEMテーマ:お気に入り

<Sing Like Talking(男性J-POP) 先行配信新曲レビュー 〜 ALL TIME SELECTION ALBUM「Anthology」収録新曲>

男性J-POPのSing Like Talkingは、男性3人のバンドで、今までに13枚のアルバムをリリースしています。
2015年2月に"ALL TIME SELECTION ALBUM「Anthology」"というベストアルバムがリリースされます。
そのアルバムのリリースに先立ち、収録される新曲4曲がiTunes、mora、amazonでデジタル先行配信されました。




 
 

「Ordinary」はアップテンポテンポでメジャーな曲調の曲であり、ピアノの演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声が、実にポップかつ爽快であり、気分が乗っていきます。うって変わって、エンディングのハードな演奏がインパクトありますね。
今日一日を大切に生きようする姿が表れている曲です。

 

「Travelers」はミディアムテンポでややマイナーな曲調の曲であり、エレキギターの演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声が、実にメロディアスかつ壮大な感じで、心が落ち着きます。
時間旅行あるいは宇宙旅行に出かけ、未来や未知の場所を想像していることを歌った曲です。。

 

「幾千万のSouvenir」はミディアムテンポでややマイナーな曲調の曲であり、アコステックギターの演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声が、実にメロウでゆったりしたな感じで、心が癒されますね。
好きな人といると街の風景も華やかな感じになるけど、それも儚い思い出となっていくことが表れていますね。。

 

「眩暈〜Don't Blame It On The Summertime〜」はアップテンポテンポでマイナーな曲調の曲であり、エレキギターの演奏や、Aメロからサビのメロディと歌声とコーラスが、実にファンキーかつ感情がこもっており、気分が盛り上がります。
夏の日の、好きな人との何気ない日常が描かれている曲です。




 

Sing Like Talkingのアルバム「Humanity」のブログの記事はこちら

 

Sing Like Talkingのアルバム「RENASCENCE」のブログの記事はこちら




このpageのtopへ▲

2018

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
音楽楽器ソフト
ネヲハリズム
カメレオンは何も言わない
Panorama (初回盤)
flora 【 アーティストフォトデザイン盤 】 ( 通常盤 )
自由律
愛賛歌
鍵がえし
19200
ブログポータルサイト
にほんブログ村 音楽ブログ J-POPへ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログ 邦ロックへ
にほんブログ村

 ↑

"にほんブログ村"からの方は、記事を読まれた後、こちらのクリックにご協力願います。

フリースペース
このpageのtopへ▲